気管支炎治療

気管支炎治療/辛い喘息に優れた効果を発揮します。

気管支炎は早期に治療する事で簡単に治ります。慢性にしてしまいますとなかなか治りが悪くなってしまいます。症状の軽い内に積極的に治療をしましょう。

気管支炎治療原因

気管支は、線毛(せんもう)の生えた上皮と粘液を分泌する細胞(杯細胞)におおわれた空気の通り道なんです。

 

この通り道を、呼吸のたびに外界からの塵(ちり)や微生物を含んだ空気が通過するわけですが、通常侵入したこれらの異物は、分泌された粘液にからめとられ、線毛の運動で、口から外へ咳(せき)とともに痰として排出されます。

 

ところが、微生物の感染により気管支粘膜に炎症が起こり、痰を伴う咳がみられる状態になったものを、一般的に気管支炎といいます。

 

 

気管支炎の病態は微生物の感染のほかに、喫煙、大気汚染、あるいは喘息などのアレルギーによっても起こるんです。

 

感染症としての急性気管支炎の原因としては、ウイルスがほとんどです。

 

成人の場合はライノウイルス、インフルエンザ、パラインフルエンザ、アデノウイルスなどが原因になります。

 

ウイルス以外では、マイコプラズマやクラミジアが原因になり、細菌が原因になることはまれなんです。

 

呼吸器に慢性の病気のある人に、痰の増加や発熱が急に起こった場合の原因としては、ウイルスと細菌の両方が原因であるといわれています。

 

この場合は、肺炎球菌、インフルエンザ菌、モラクセラ・カタラーリスなどが主な原因細菌と考えられます。

 

痰が長く続いたり、膿(うみ)状の黄色の痰がみられる場合には、細菌による感染症が疑われます。

 

このように、色々な原因で気管支粘膜に炎症が起こり、痰(たん)を伴う咳(せき)がみられる状態を一般的に気管支炎というんですね。

 

それでは「喘息」とはどういう定義なんでしょうか。

 

喘息は、多くはダニやハウスダスト等のアレルギーにより、 気管支に炎症が起こり、また気道の過敏性が高まり気管支が収縮し、 気管支の内腔が狭くなるために起こるものを言います。

 

簡単にいうと、狭い気管支の中を空気が出入りするために、喘鳴がおこり、 空気の出入りがしにくいために呼吸が苦しくなるというメカニズムですね。

 

あまりはっきりした違いは無いように思われる「気管支炎」と「喘息」ですが、気管支の粘膜が炎症を起こすことは共通の原因なんですね。

 

気管支炎の治療は早期にしておく事が重要です。気管支炎の事をもっと詳しく知りたい方は次のページから解説しています。

気管支炎治療喘息

喘息の治療には、「症状が起こらないように毎日行う治療」と「症状や発作が起きた時に行う治療」の2つがあるんです。

 

症状が起こらないようにするには、慢性の気道の炎症をおさえることが大事になってきます。

 

毎日行う治療での基本の治療薬は、「吸入ステロイド薬」です。

 

 

炎症をおさえる効果が高いお薬なんです。

 

最近は、この吸入ステロイド薬と、気道を広げ呼吸を楽にする長時間作用性β2刺激薬というお薬が一緒に吸入できる配合剤も出ています。

 

また、1つのお薬で、気管支を広げて、炎症をしずめる2つの効果がありる長期管理薬「アドエア」のジェネリック医薬品「セロフロ100」というお薬もあります。

 

セロフロ100には、気管支の炎症をおさえるフルチカゾンと、気管支を拡張するサルメテロールが配合されています。

 

1つのお薬に2つの成分が配合されているのは、アドエア(セロフロ100)だけです。

 

この2つの成分の併用は米国国立衛生研究所の治療ガイドラインで、ぜんそくの長期管理法として推奨されているんです。

 

 

また、吸入ステロイド薬や配合剤などによる治療を毎日行うと同時に、症状の原因となる刺激やアレルゲンを避けることも大切なので、体調や室内の環境を整え、禁煙や十分な睡眠など生活習慣の改善や風邪をひかないよう心がけることがとても大切なんです。

 

症状や発作が起きた時に行う治療は、それを鎮静させることが最優先なので、狭くなった気道をすみやかに広げる短時間作用性吸入β2刺激薬などの発作を抑えるお薬を使います。

 

それでも症状が改善しない時や、苦しくて横になれないような状態の場合は速やかに救急外来を受診してください。

 

生活習慣の改善での予防と気管支炎の治療は早期にしておく事が重要です。詳細はこちらからご覧下さい。

気管支炎治療感染

気管支炎は感染するのではないかと心配する人は沢山います。

 

気管支炎の原因は、風邪やアレルギー体質、喫煙、加齢などと、大気汚染や粉塵など環境が原因のものがあります。

 

風邪が原因の場合は、風邪を治療することで治すことができます。

 

気管支炎は、気管支が炎症を起こしている状態の病気なので、気管支炎そのものがうつることはありませんが、感染性の気管支炎は感染する可能性があります。

 

ウイルスや細菌などの感染症が原因の場合は、そのウイルスや細菌を咳やくしゃみなどの飛沫を通じて周りの人に感染させてしまうんです。

 

急性気管支炎を診断された時の採血の結果が重要で、アレルギー症状以外の急性気管支炎は風邪や他の近似した風邪様症状を示す感染症がほとんどなのが現実なんです。

 

抗生物質等を服用していれば、通常2週間程度で軽快します。

 

急性気管支炎の原因は、ウイルス感染や細菌感染によるものが多いんです。

 

ほとんどの急性気管支炎は自然に治りますが、肺炎になるのを防ぐために抗生物質が処方されます。

 

慢性気管支炎の原因は、百日咳などの感染症や副鼻腔気管支症候群、COPDなどの疾患が考えられます。

 

慢性気管支炎の場合は、咽喉や鼻、心臓や腎臓などにある疾患を治療します。

 

喫煙習慣がある人は、治療の一環として禁煙することで治療効果が非常に高くなります。

 

喫煙が原因で発症した気管支炎は、人にうつることはありません。

 

なので、急性気管支炎以外の気管支炎については、感染の可能性は極めて少ないと言えるんです。

 

気管支炎の治療は早期に始める事で悪化を防ぐ事が出来ます。詳細をご覧ください。

気管支炎・予防

気管支炎の予防には、食事、睡眠、住環境がキーポイントになりそうです。

 

食品では、消炎酵素(細菌を解かす酵素)リゾチームを含み、抗炎症作用がある生卵がお薦めです。

 

痰が切れやすくなり、亜鉛は免疫強化、ビタミンB2は粘膜の修復促進、蛋白は免疫力を高めます。

 

つぎに、豚肉、レバーはタンパク質、ビタミンB群、鉄を豊富に持っていて、免疫力を付けたり白血球生産を活性化します。

 

バター、緑黄色野菜はビタミンAを豊富に含んで、細菌への抵抗力をつけます。

 

果物は全般的にビタミンB、C群を豊富に含んでいて、免疫力を高めます。

 

とろろ芋は粘膜修正に、牡蠣は免疫力強化に効果があります。

 

最近では、栄養素を含んだサプリメントは出回っていますが、直接食品を口から摂取したほうが、ビタミンの安定性は高く、体力増進にも効果があります。

 

次に睡眠ですが、人間は人生の三分の一は眠っていると言われるくらい、睡眠は大事なんです。

 

快適な睡眠をとる方法として、寝室に加湿器や空気清浄器を置くなどして、乾燥や空気の汚れから喉などを守りましょう。
空気をきれいに保っておけば、インフルエンザの予防にもなりますからね。

 

もう一つ重要な住環境ですが、ハウスダストが発生しないようにまめに部屋の掃除をしたり、布団にダニが発生しないように布団専用掃除機などを使って綺麗な状態に保ってください。

 

生活習慣を規則正しくする事は、気管支炎の予防だけでなく免疫力を高めて、健康な生活が送れる事にもつながるんです

 

生活習慣を規則正しくする事で気管支炎はかなり良くなります。気管支炎の治療の詳細はこちらを参考にしてください。

気管支炎・吸入ステロイド薬

喘息治療のもっとも代表的とされるのが、吸入ステロイド薬による治療なんです。

 

主成分は人間の副腎から分泌されるグルココルチコイドというホルモンをまねて合成した化合物です。

 

このホルモンはもともと体内でアレルギー反応を抑える役割をするほかに、ごく微量で全身に様々な作用を示します。

 

ステロイドホルモンと言うと、重い副作用が起こったり、さらに他の薬では発作が治まらないステロイド依存状態になるなどの副作用が話題になりますよね。

 

そんなに副作用があるのに、どうして吸入ステロイド薬がよく使われるようになったのでしょうか?

 

喘息の原因が、気管支の慢性的な炎症であり、炎症を抑えるためにはステロイドが最も効果があるという事と、全身への影響が少ない吸入専用のステロイド薬が開発された事が理由なんですね。

 

喘息の原因であるアレルギー性炎症が起きているのは気管支で、そこに直接、薬が届くため薬の量も少なくてすむメリットもあるんです。

 

以前からステロイドホルモンは喘息発作の特効薬として知られていましたが、効き目が切れるとまた発作が起きるため繰り返し使用することになります。

 

ところが、長期間使うと骨がもろくなったり、子供の身長がのびないなどの重い副作用が報告されていました。

 

最近では喘息のしくみが解明され、最小限のステロイドで最大限の効果が得られるようになったことが、吸入ステロイド薬が使われるようになった理由なんです。

 

定期的に使用することで、気道の炎症を抑え、発作を起こりにくくする長期管理薬の代表的な薬になっています。

 

気管支炎の治療にはいろんなタイプの薬がありますので詳細を詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ